スポンサーリンク

「子犬の病気」 一覧

仔犬を迎えたら必ず行わなければならないことには、予防接種と検便、尿検査などがあります。

また、子犬を迎える前にあらかじめ犬種別の先天性疾患などを知っておくことで、保険加入などで、対応できるかもしれません。

ある時期には避妊手術や矯正手術について考えなければならなくなるようです。私はさほどかんげえていなかったので、ある時期にかなり悩むことになりました。

また子犬の時は、少しの体調不良も気になるものです。成長するに従って、あまり気に鳴らなくなるような、変化でも心配になることが多くありました。

ミレア

仔犬の時に行う検便、尿検査と予防接種

2018/1/17  

子犬を迎えたら、予防接種は必ず受けなければばりませんが、その時に触診と検便、尿検査をして健康状態を確かめておく。


ミレア

仔犬の健康管理

2018/1/17  

犬は言葉を待たないので病気は飼い主が気を配り、健康管理をしなければならなりません。子犬の尿や便の様子、食欲、皮膚の様子、先天性奇形や遺伝性疾患に気を配ります。


ナナ

仔犬を飼う前に犬種別特有の遺伝性疾患を知っておく

2018/1/17  

人間の手によって改良された犬は、その特徴を固定させるために血統が近くなり、その結果遺伝性疾患の発生確率が高くなりますので、その犬特有の遺伝性疾患を知ることが大切です。

スポンサーリンク


ミレアとナナ

犬の避妊手術、去勢手術のメリット、デメリット

2018/1/17  

犬を初めて飼った人は避妊手術、去勢手術をするべきか、またするとしたらいつがよいかという悩みを抱くと思います。
私も初めて犬を飼ったときはかなり悩んだ上に避妊手術を受けさせましたが、今は良かったと思っています。


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

Copyright© パピヨン二匹との一喜一憂の日々 , 2018 All Rights Reserved.