スポンサーリンク

「重症筋無力症」 一覧

ナナが3歳4か月の時、ふらつくような仕草をした後、少しずつ歩きことに不自由を感じ始めたので、動物病院に連れて行きましたが、病気が分からないままビタミンやステロイドの注射をしましたが治る気配がなく、どんどん歩くのが不自由になっていきました。

水頭症やてんかんを疑いましたが、その治療をしても良くならなかったので、MRI の検査をした結果、脳室拡張はあるがそれだけではこれほどひどい症状になることはないと言われ、重症筋無力症が疑われるから、筋電図検査をするようにということでした。

その後筋電図検査をして重症筋無力症と診断されました。

診断前、診断後の経過を日記にしています。

カテゴリ一覧

重症筋無力症のナナ

重症筋無力症のためにおしっこが出にくくなっていたナナの症状が改善

2016/03/21   -重症筋無力症

2015年(昨年)の秋からナナは1日に1度、かなりためておしっこをするようになってしまい、心配して病院に連れて行っていました。 重症筋無力症と診断がついて3年半、重症筋無力症の薬も半分になり、ステロイ ...

犬の病気に最適なペット保険の比較と資料取り寄せ

犬は病気になると医療費が大きな負担になります。
子犬の時からペット保険に加入していると病気になった時に負担が少なくて済みます。

パピヨン犬の重症筋無力症-発病から3年半、おしっこの回数が減って心配

2015/09/20   -重症筋無力症

パピヨンのナナは重症筋無力症と診断されて3年半が過ぎ、治ったのではないかと思えるほど元気になっていたが、2カ月くらい前から徐々に元気がなくなってきました。 「MRI」の検査を受けた時に、脳室拡張があり ...

ナナ

重症筋無力症と診断された犬(パピヨン3歳)の闘病日記5

2015/02/13   -重症筋無力症

急に歩くのが不自由になった犬(パピヨン)ナナが重症筋無力症と診断され、すっかり回復した。

ナナ

重症筋無力症と診断された犬(パピヨン3歳)の闘病日記4

2015/02/13   -重症筋無力症

急に歩くのが不自由になった犬(パピヨン)ナナが重症筋無力症と診断され、一進一退をしながら回復の兆しを見せている日々の日記。

スポンサーリンク



ナナ

重症筋無力症と診断された犬(パピヨン3歳)の闘病日記3

2015/02/13   -重症筋無力症

急に歩くのが不自由になった犬(パピヨン)ナナが重症筋無力症と診断され、回復の兆しを見せている日々の日記。

ナナ

重症筋無力症と診断された犬(パピヨン3歳)の闘病日記2

2015/02/13   -重症筋無力症

急に歩くのが不自由になった犬(パピヨン)ナナが重症筋無力症と診断され、回復の兆しを見せている日々の日記。

ナナ

重症筋無力症と診断された犬(パピヨン3歳)の闘病日記

2015/02/13   -重症筋無力症

"急に歩くのが不自由になった犬(パピヨン)ナナが重症筋無力症と診断され、回復の兆しを見せている日々の日記です。

ナナ

神経系統の犬の病気(後に重症筋無力症と判明)3

2015/02/12   -重症筋無力症

急に歩くのが不自由になったパピヨンナナの状態を日記に残したいと思いました。

ナナ

神経系統の犬の病気(後に重症筋無力症と判明)2

2015/02/12   -重症筋無力症

急に歩くのが不自由になった犬(パピヨンナナ)の状態を日記に残したいと思いました。

神経系統の犬の病気(後に重症筋無力症と判明)

2015/02/12   -重症筋無力症

急に歩くのが不自由になった犬 パピヨンナナの状態を日記に残したいと思いました。

犬の病気を見極めるのは本当に難しいーナナが夕方血便になった

ナナが昨夜からあまり元気がなくどこが悪いのだろうと心配していましたら、ほんの少しの下痢便をしましたが、その後便が出ない状態が続いています。
犬の病気は外から見える症状がない限り、どこが悪いのかわからないのでいつも心配させらえます。

ナナ

ナナの重症筋無力症は直っていないのかもしれない

最近のナナ ナナ(パピヨン4歳7か月)は昨年2月に歩きにくい症状が出て、3月末に重症筋無力症と診断されたました。 歩行困難になったナナが、1カ月くらい毎日ビタミン剤とステロイドの注射に通っていましたが ...

Copyright© パピヨン二匹との一喜一憂の日々 , 2017 All Rights Reserved.