スポンサーリンク

重症筋無力症

重症筋無力症と診断された犬(パピヨン3歳)の闘病日記5

2013年5月11日 すっかり元気になったナナ。

筋電図検査野結果、重症筋無力症であることが分かってから1年数ヶ月、かなり多いステロイドをのんでいたので、1㎏近く太ってしまいましたが、ステロイドを止めた時にはかなりやせました。

適切な診断ができたことで、重症筋無力症の治療薬を使うことが出来、症状は思いもかけない程短期間で改善されました。

犬(パピヨン)3歳のナナが筋電図の結果、重症筋無力症と診断

筋電図とは神経伝達が末梢神経への届き方を検査するとのこと、ナナの場合は時間経過とともに弱くなっていったが、検査液を入れての検査ではそれが改善されたということで、その治療薬を使えば治癒につながる可能性が強いとのことでした。

重症筋無力症の原因はわからないらしいが、神経節後受容体のアセチルコリン受容体が何らかの原因でアセチルコリンへの反応性が低下し、末梢での神経と筋肉の収縮・運動性活性がうまく出来なくなったために起こるようで、治療は長時間作用型の抗コリンエステラーゼ剤を投与するらしい。

ナナの場合も少量からの投与から始め、少し増やした段階でかなりの効果が出たことはとてもうれしいことでした。

最初におかしいと思ったのは、2012年2月25日で、立ち上がるとき少しふらついたのを確認したことによります。

スポンサーリンク

2012年11月30日 ナナはとても元気なった

ナナが重症筋無力症と診断されて、8カ月が経過しました。

初期診断だったのか、薬のよく効く体質だったのか、ナナの生命力が強かったのか、適切な治療で驚くような回復を見せてくれました。

現在も薬は飲んでいるが、ステロイドはかなりの長期間切ることができるようになってきています。

何よりもとても元気でです。

病気前のナナのように猛スピードで風のように走るようになっています。

我が家の居間はものがたくさんあるが、その間をぬうように走ってどこにもぶつからない運動神経は健在です。

このまますべての薬が切れるようになれば申し分ないのだが、大方の意見は薬を飲み続けなければならないのかもしれないというものです。

もし、そうだとしても私は、現在のナナの姿に満足しています。


2013年11月1日(金曜日)薬を最初の半分にして飲んでいるが重症筋無力症だったとは思えないほど元気になっている

この記録もかなり長いこと休んでしまったが、その後ステロイドを徐々に減らし、7月下旬くらいにはほとんど飲まないでも良いようになり、体重増加を食い止めることが出来て安心しました。

ステロイドは飲まなくなっていたが2013年2月から抗コリンエステラーゼ剤も減らし始めて、現在は最初の半分くらいになっているが、どこか心配がありそれ以上は減らすことが出来ないでいます。

先生も減らすのは心配があるようで、減らすときは毎日様子を見ている私たちが判断するしかないようですが、3日前に病院に行ったときにこのままでも良いのではないかということでお互いに納得してきました。

10月で5歳になり、一時は命も危ぶまれましたが、ミレアと同じくらい元気で、毎日散歩をし、家の中でボール投げをするのを最大の楽しみにしているし、薬の副作用もないのだからこのままで良いと思うようになっています。

ナナも病気をしたことでかなり成長し、信頼関係もきっちりできてきたので何も言うことがない状態で楽しくパピヨンたちとの暮らしを楽しむことができているのをありがたいと思うこの頃です。

スポンサーリンク

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。





-重症筋無力症

Copyright© パピヨン二匹との一喜一憂の日々 , 2019 All Rights Reserved.