スポンサーリンク

子犬のしつけ

子犬(パピヨン)との信頼関係が出来れば呼び戻すことが出来る

はミレア 5カ月

このころには完全に呼ぶと来るようになっていた。

犬に「おいで」を教えて呼び戻せるようにすることはとても大切です。

呼び戻すことができれば、危険から守ることもできますが、犬が興味のあるところで呼び戻すのはとても大変です。

スポンサーリンク

子犬(パピヨン)との信頼関係が出来れば呼び戻すことが出来る

しつけは「おいでに始まりおいでに終わる。」ということを聞くと納得の日々です。

家のなかでは、呼び戻すことが簡単ですが、外での呼び戻しはかなり難しいのではないかと思いますが、私たちから逃げるということはないので、リードを付けえ置けばリードを踏むことで追いかけるようなことはありません。

散歩中はあまり放しませんが、ドックランでは放して遊ばせますが、捕まらないということはありません。

ミレアは意外と速く「おいで」が出来るようになった

ミレアは寂しがったり、トイレのしつけに苦労をさせられたが、それだけ私との接触も多く、我が家にきて2か月もすると私との絆は深くなって、しつけは楽にできるようになっていました。

このころはトイレも自分で出来るようになっていたのでお尻を拭くために呼ぶと飛んでくるようになったし、よほどのことがない限り呼べば来るようになっていました。

しかし、してはいけないようなものを咥えてていたときは、自分でも悪いと思うのかなかなか来ません。

不注意で薬をおとした時は逃げ回って取り返すことが出来ませんでした。

こちらがあわてると伝染するようです。

飲んでしまったと思ったが、おいしくなかったのか咥えただけで食べないでその辺に落としてあったのを見たときはほっとししました。

ビタミン剤だったので命には係わらないと思ったものの、その後は細心の注意をすることにしました。

小さい時ほどこぼれたものも拾わなくなったが、叱られるようなことをした時は自分でもわかっていて呼んでも来ないことがあります。

捕まえることのできない場所で、放したら戻ってくるかどうかはまだ信じられません。

面白いことがあれば、そちらに気を取られてしまうかもしれないし、外は危険がいっぱいです。

そんな場所で放すことなどないが、どんな所でもどこにも行かないようになってくれるくらいの信頼関係は築きたいと思っています。

犬のナナにおいでを教える

ナナはなんでも早く覚えて手のかからなかった分だけ、私とのつながりも出来にくく、小さい時から叱ることが少なかった分だけ叱りにくくなっていました。

おとなしくサークルの中のゲージで過ごすことが多かったが、なるべく声をかけ出てくるように促し、接触を多くしようとするのだが、ミレアと遊ぶことが出来るので、さほど私とはつながりを持つ必要もないようで、遊ぶのも、ミレアと遊ぶか一人遊びが多くなってしまいました。

この写真のようにサークルに居ることが多いので呼ぶと背伸びをして出てくるようになったが、ミレアのように飛んでくるのではなく「仕方がないから行くか」という感じです。

嫌な時は呼んでもなかなか来ないが、ミレアの時に、捕まえようとすると逃げなければと思うことが分かったので、こちらが疲れるばかりなので、来るまで待つことにしているが焦ることもあります。

二匹の犬を飼うのは気を使うことも多い。

片方を可愛がると片方がさっと引いて行ってしまいます。

同じように呼び、同じように可愛がっていても、犬は同じように感じないかもしれないが、同じようにするよう努力をするような努力はしています。

たぶん外で放したら、呼んでも来ないかもしれないと思うし、来るかもしれないとも思うが、事故が怖くて場所を選ばなければ放すことは出来ません。

後ろに付いてくることは来るが、いつか本当の信頼関係が築けるのを願うばかりです。

スポンサーリンク

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。





-子犬のしつけ

Copyright© パピヨン二匹との一喜一憂の日々 , 2019 All Rights Reserved.