スポンサーリンク

子犬のしつけ

待ては犬を落ち着かせるためにとても大切

ミレアとナナがふせの姿勢で待っているところ

犬に自制心をつけるために待ては大切なしつけだと思っています。

食事を与えるたびに手を犬の前にかざし待てはしていたので、比較的早く覚えました。

制止する形が出来るといろいろなしつけを覚えさせることに役立つと思います。

唯、我が家では食事の前に余り待たせるということはしませんでした。

食事を余り待たせるのはかわいそうだったからです。

スポンサーリンク

犬に自制心をつけるために待ては大切なしつけだと思う

しかし自制心はつけなければならないので、見張っていて待たせるというよりは、散歩から帰って私が汚れたものを片づけている間、誰もいないところで私が周りを動いても待つことが出来るようにしつけました。

躾の行き届いた大型犬のようにはいかないと思うが、おすわりの姿勢、ふせの姿勢で待つことが出来るのはいろいろな場面で落ち着いた行動が出来る犬になり大切なことだと思っています。

外でマテを教えられないのは、大型犬と違い放せば連れて行かれるのではないかという思いで、私が目を離せないのは事実です。

いろいろな場面で、よく育ってくれたという思いと手抜きをしたのではないかという思いはいつも付きまといます。

とりあえず家の中では良く待ってくれるが、外で気の散るときはすぐに動き出してしまうこともあります。

散歩などでリードを付けていれば少しは待てるが、ドッグランのように外の犬が近くを走っているようなところでは現在は無理だろうと思っています。

まだそんな場所で待たせたことはないのですが。

犬のナナは待つことが比較的上手だと思う

ナナは一人でゲージの中にじっとしているのが好きな犬なので待つことは得意です。

我が家では食事はおすわりの後少し待てをしてすぐに良しで食べさせ、余り待たせることをしないので食べ物は待つという訓練が出来ていません。

あるときふせをさせておやつを前に置き待てをして、すぐによしと言ったのだが二匹とも食べようとしません。

もう一度よしと言っても食べません。

よだれなど出したことのないナナがポトリとよだれをこぼした時にはびっくりしてしまった。

もしかしたら、言葉で覚えていたのではなく、行動の流れから覚えていたのだと思い急いで口に入れてあげましたが、こんなことからも、犬と人間とのすれ違いがあることを気づかされました。

我が家は大人ばかりの家で飼っている犬です。

犬も散歩や出掛けるとき以外はいるかいないかわからないほどおとなしく、いつも待っているように横になって静かに寝ていることが多い犬たちです。

ほとんどの時間が待っている時間なのかもしれないと思ってしまうほどです。

スポンサーリンク

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。





-子犬のしつけ

Copyright© パピヨン二匹との一喜一憂の日々 , 2019 All Rights Reserved.