スポンサーリンク

子犬のしつけ

仔犬(パピヨン)のしつけは早い方がよい

更新日:

ミレア

ミレアが我が家にきて3日目2カ月半のころ



ミレアがやってきたのは、生後70日、兄弟犬の女の子が3匹、2匹は黒、茶はこの子1匹、呼ぶと手のもとにやってきて手をなめる元気な仔犬でした。

そっくりだが色がやわらかく、ちょっと優しそうなこの子が気に入ってしまった。

我が家に来たのは2月4日寒いさなかでした。


スポンサーリンク


仔犬のしつけの基本、ミレアが来た日からのしつけ

連れてくるまでに育て方の勉強ををしていたので早速トイレの場所を教えました。

生後70日になった子犬はいたずら盛りです。すぐにスリッパで遊ぼうとしたので「いけない」とだけ教えました。

その後一度もスリッパで遊ぶことをしなかったのにはこちらが驚きました。


次は疲れているだろうからとそっと抱っこをして炬燵に入るとテーブルに上がろうとしました。

これも「いけない」とはっきり教えました。この二つはその後ごんなことがあってもしなかったのは不思議なくらいです。


連れて来たばかりの仔犬に厳しくしたわけではないが、緊張していた仔犬にしっかりと残ったのは、ものを覚えられる時期に来ていたのだろうと思います。

最初のしつけの大切さは来た日に犬から教えられました。


後はサークルに入れて休ませようとしたが、落ち着かない。しばらく抱っこをしていて教えていただいたように食事を与えその日は何もしないで寝せることにしました。

そのあとも寂しくて一人でいるのが苦手になっていくミレアだったが、あんかを入れ暖かくしてあげたがキイキイといつまでも泣いていました。


1週間くらいは我慢すれば自然に鳴かなくなって寝ると、私の読んだ仔犬の育て方の本はどの本も同じように書いてあるがいつになっても泣きやむようにはなりませんでした。

  

個人差があるのか、初めて育てる私たちうまくできなかったのか今でも甘えの強い子です。


見に行くのを我慢しなければと思いながらも、うんちが出たのではないかとか心配が募って見に行ってしまいます。 

それが良くなかったのか、毎日朝早くから泣く日が続き私たちも寝不足になってしまいました。


そんな日に耐えきれずいつの間にかゲージを私のベットのわきに置くようになってしまいました。  

心配なので夜中にトイレに連れていくとそこでおしっこをして一度も粗相をしたことはありませんでした。


  

子犬のナナが来た日

ナナ

ナナが来たのは生後50日位。本当に小さな子犬で育てられるか心配でした。

2008年10月25日生まれ。

ミレアとは11カ月違いの女の子です。

年も押し迫っていたのでていたので2か月未満で連れてくることになりました。

人間でいえばミレアとは母親の方の叔母と姪にあたるが、性格は正反対で、同じ犬種でこんなにも性格が違うものかとびっくりする位でした。


トイレは家に連れてきた日に教えたらほとんど粗相をしないで覚えるし、サークルの中でとてもおとなしい。

ミレアを母親と思ったのかおなかに入ってお乳を探るような仕草をするし、大きさが余りに違うので一緒に遊ばせるのは時間を決めなければならなかったので、サークルにから出してほしいという仕草も見せず本当におとなしい仔犬でした。


夜も寂しがって泣いたのも三晩だけ。

ナナが来るまでミレアはサークルの中で留守番はしていたが睡眠は私たちの寝室でしていました。

ミレアもナナと一緒に自分のサークルのゲージで寝せなければと思っていたが、二匹に泣かれることを考えてミレアは今まで通り寝室に寝ていました。 

ナナが泣かなくなって幾日目だろうか。ミレアを寝室に連れて行こうとした時のナナの寂しそうな目が私に突き刺さりました。

その日からミレアをナナの隣のサークルで寝せるようにしました。


ミレアの夜泣きがとても心配でたがナナがいるためか私たちの気持ちを察したのかミレアは一年になってサークルで寝られるようになりました。

ミレアは感の鋭い犬で、勘の鋭さに驚かされ、犬とは思えないと感じる時もあります。

ナナは正反対で家の中では何事にも動じないように昼間はミレアが絶対入らないサークルのゲージに寝ていて、二つのゲージを行き来して過ごしています。


居間に大きめなサークルを二つ並べ、その中に寝場所のゲージを置きゲージの前は食事が出来るくらいの場所があって回り込んでトイレという環境で夜や留守番の時は過ごさせています。

誰かが家に居る時はサークルの戸は開け放ち自由に出入りが出来るようにしてあり、トイレは別の場所でするようになっています。


サークルの中のトイレは留守番が長くなったときと夜にたまに使うくらいでほとんど汚していません。

犬たちの居場所、環境

ミレア

ミレアの後ろにかすかに見えるのが犬の場所で少し大きめの正方形のサークルが二つ置いてあり、その奥の方に寝場所のゲージと留守番や夜間に合わないときに使うトイレが置いてあります。

ふつうはそのトイレはほとんど使わず、洗面所の見えない場所に少し大きいトイレがありそこをを二匹で使っています。

ミレアは留守番の時も、朝遅く起きた時も、サークルのトイレを使っているが、ナナは12時間以上留守にしても汚していません。




スポンサーリンク

-子犬のしつけ

Copyright© パピヨン二匹との一喜一憂の日々 , 2017 All Rights Reserved.